個別英数学院 塾長のブログ

塾の出来事や自分のことなど気ままに書いてます。

For Children's Brighter Future

You cannot teach a man anything; you can only help him to find it within himself.

個別英数学院 創立20周年

個別英数学院は皆様のおかげで9月16日に創立20年を迎えました。

この時期、毎年同じことを書いていますが、今年も伝えさせてください。

開校当初、2名の生徒から始まった当塾ですが、毎年ご紹介や広告などを通じて様々な生徒に通塾していただけるようになりました。

京田辺市は私が学生のころからお世話になっているとても素晴らしい街であり、以前から教育に大変熱心な地域でもあります。

子どもたちの将来のためになる教育をこの京田辺の地で展開しようと、20年前に開校いたしました。

開校当初は学習塾の数があまり多くない地域でしたが、今や大手塾も含め数十といった学習機関が出来るまでになりました。

その中で20年経った今でもこの地の子どもたちの教育活動に携われていることに、大変感謝しております。

今、目の前にいる子どもたちが大人になって、自分の子どもができて、その子どもたちが大人になって、社会で活躍するころから未来は変わる。

私達は「教育とは未来の種子をまくこと」という言葉を信じて、50年後、100年後の社会を変えるために、今を精一杯頑張っています。

当塾は開校の頃から授業スタイルは少しずつ変化していますが、全く変わっていないものがあります。

それは、「自ら学習に臨み、学習することを楽しみ、人生を自ら切り拓いていく力を身に付けてもらいたいという想い」です。

この想いを持った「自立学習」スタイルにこだわる点については変わっていないと言えます。

指導方法に迷った時には、常にこの原点に立ち返るようにしています。

ところで今、学習環境が大きく変わりつつあります。

まずは大学受験の大きな変化、それに伴う高校教育と高校受験の意義の変化などがあります。

そこに至るまでの子どもたちの学習への自発的行動がより一層求められる時代の到来と、今までとは全く違った状況になりつつあります。

IT化やAIなど、学習ツールは時代の変化とともに変わり続けていくことでしょう。

しかし、それは学習の手段であり目的ではありません。

当塾の考える教育の目的は前述の通りですが、それに携わるのは『人』です。

人を成長させるのはいつまでも『人』です。

まだまだ成長段階の当塾ですが、今後もますますこの道に精進してまいりたいと思います。

皆様のご支援ご協力を宜しくお願い申し上げます。m(_ _)m

講師からのメッセージ 7月号

当塾の塾報には毎月講師からのメッセージを載せています。

今月のQuestion
【私の受験生時代(大学受験)の夏休みの1日の平均勉強時間と午前中の勉強のポイント】

 

当塾講師陣のうち、2名に回答してもらいました。

 

<Answer>
受験生の夏休みの学習時間は10時間を目標にしていました。
効率的に勉強できるように夏休み前に無理のない学習計画を立てることをお勧めします。
毎日決まった時間に起きるようにして、起きてすぐに単語の勉強をすることで勉強のスイッチを入れていました。
また、いつも同じ場所ではなく、家、学校、塾など色々な場所で勉強することで、飽きがこないようにしていました。
特に塾の自習室では、他の生徒たちの頑張っている姿を見ながら集中して学習することが出来ました。
皆さんも個別英数学院をフル活用して充実した夏休みを送っていきましょう!
困ったことがあればいつでも相談してくださいね。
岡本 倫奈 同志社大学 文化情報部
       
<Answer>         
受験生時代の夏休みの1日の平均勉強時間は10時間ほどでした。
夏休みは生活リズムがつい緩んでしまうので、規則正しい生活を心掛けていました。
午前中の勉強のポイントは、ウォーミングアップをすることです。
朝は勉強のゴールデンタイムと呼ばれ、勉強をするのに最も良い時間帯だと言われています。
しかし、朝からいきなり難しい問題を解くのはオススメできません。
まずは、基礎的な問題を解いたり、前日にやった内容を復習することで、脳を勉強モードに切り替えることが重要です。
運動と同じように、ウォーミングアップをすることで、より効率的に勉強を進められます!
勉強方法などについて分からないことがあれば、僕たち講師にいつでも相談してください!
江尻 悠輔 同志社大学 理工学部

 

夏期休校期間のご案内

今年度は、明日8月9日(火)から8月17日(水)までを夏期休校期間とさせていただきます。

上記の期間は、お盆休みの時間を大切にして頂きたく塾は休校とさせて頂きます。

 

また、より成果の上がる夏期講習後半~2学期への準備と、

 

私事で恐縮ですが、少しだけ家族サービスに充てさせて頂きたく思います。

 

 

生徒のみなさんは夏期休校期間明けの8月18日(木)からは、2学期へ向けた予習授業を頑張っていきましょう(^^)/

講師からのメッセージ 6月号

当塾の塾報には毎月講師からのメッセージを載せています。

今月のQuestion

【勉強の仕方アドバイス(中学英語版)】

 

当塾講師陣のうち、2名に回答してもらいました。

 

<Answer>
中学校の英語で大切なのは単語と文法です。特に単語は重要です。

英文を読んでも単語の意味が分からないと考えることができないからです。

単語の覚え方としては、教科書の本文を音読しながら覚えるようにすると単語の使い方も分かって良いと思います。

あとは個別英数学院で活用している英単語学習アプリのモノグサを使って発音を聞きながら何度も繰り返すのがオススメです。

アプリの音声に合わせて自分も発音するとより定着します。

覚えられる単語が増えてくると英語の勉強が楽しくなってきますよ!

文法問題などで分からないことがあるときは、私たち講師にどんどん質問してくださいね。

一緒に頑張りましょう!

井本 千智 奈良女子大学 文学部
       
<Answer>         
僕の中学時代の勉強法は教科書本文や問題集の英文を声に出しながら書きまくるというものでした。

読むと同時に書くことで英単語や文法が覚えやすくなりました。

知識のインプットの後は必ずアウトプットの練習をすることで記憶が定着しやすくなります。

学校のワークを解くだけでなく個別英数学院のテキストを繰り返し演習して、問題の解き方のポイントをしっかりと覚えていきましょう。

リスニング対策は教科書の音源を活用して、英文を見ながら毎日聞くトレーニングの習慣を持つと良いと思います。

理解できないことや分からないことがあれば僕たち講師が一緒に考えていくので、気軽に相談してください!

石川 周 同志社大学 理工学部

 

講師からのメッセージ 5月号

当塾の塾報には毎月講師からのメッセージを載せています。

今月のQuestion

【勉強の仕方アドバイス(中学数学版)】

 

当塾講師陣のうち、2名に回答してもらいました。

 

<Answer>
数学の勉強では公式や解き方を単に丸覚えするのではなく、なぜそのように解くのかを理解することが大切です。
教科書には必ず考え方が書かれています。
まずは教科書の基本となる箇所を読んで理解した後で、問題集に取り組んでみることをおすすめします。
『分かった』から『出来る』になるには時間がかかるので、しっかりとした演習量を確保する必要があります。
個別英数学院では常に学校の予習ペースで進めるようなシステムで勉強できるので、自分に合った宿題で問題をしっかり解くことで知識が定着するようになり自信が持てるようになってきます。
分からないことは私たち講師にどんどん質問してくださいね。
岡本 倫奈 同志社大学 文化情報学部
       
<Answer>         
中学校の数学は基礎的な知識が大切になってくるので、基本問題をしっかりと理解しておくということがポイントになってくると思います。
まずは焦らずに自分で理解できるペースで進めていきましょう。
私もそうでしたが、焦って先に進めてしまうと難しい問題はもちろん、簡単な問題まで解けなくなり悲惨な結果になってしまいます。
だから塾ではしっかりと予習をして学校の時間を復習時間にすれば基礎が定着しやすくなります。
個別英数学院では自分の理解度や進度にあった学習を進める事ができるので着実に力が付いてきます。
困ったときはいつでも相談してください。私たち講師が全力でサポートしますよ!
坂本 真那 同志社女子大学 現代社会学部

 

第24回 中学・高校進学個別相談会

7月3日(日)に『第24回 中学・高校進学個別相談会』を開催いたします。

新型コロナウイルス感染症対策を講じて、また密を避けるため2部制で開催いたします。

 

夏休みにやる気の出る相談会です。

毎年この相談会の後、親子共に受験に対する意識が変わったという感謝の声をたくさん聞かせていただいております。

 

                       写真は2019年の様子

 

この時期はまだ志望校を悩んでいる生徒が多いことと思います。

 

この機会に色々な学校の話を聞いてみてください。

 

聞き比べることによって、それぞれの学校の違いがよりはっきりとなります。

 

また、相談会に参加することで受験勉強に対するモチベーションがアップすること間違いなしです!

 

受験生以外もご参加いただけます。お気軽にご参加ください。

 

また、一般の方も無料で入場できますので、お友達もぜひご参加ください。

                     写真は2019年の様子


 【第24回 中学・高校進学個別相談会】

43校参加。山城地域最大規模の相談会です。

日 時:2022年7月3日(日)第1部13:00~15:00、第2部15:45~17:45

場 所:京田辺市商工会館CIKビル 1階・3階研修室・4階キララホール

対 象:全学年の保護者および生徒(一般の方の参加も可能です。入場無料です。)

内 容:学校の先生と直接話せるブース形式での個別の相談です。質問内容は自由です。

参加校:全43校(50音順)

【公立高等学校】

第1部参加校

久御山高校、西京高校、嵯峨野高校、

城陽高校、田辺高校、鳥羽高校、

堀川高校、桃山高校

第2部参加校

木津高校、京都八幡高校、菟道高校、

西城陽高校、東宇治高校

第1部・第2部両方参加校

城南菱創高校、南陽高校


【私立中学高等学校】

第1部参加校

京都外大西高、京都精華学園中・高、京都成章高、京都聖母学院中・高、

京都先端科学大学附属中・高、

京都西山高、京都文教中・高、東海大学付属大阪仰星中・高、

東山中・高、平安女学院中・高、立命館宇治中・高

第2部参加校

大阪桐蔭中・高、開明中・高、京都廣学館高、

京都産業大学附属中・高、京都翔英高、京都女子中・高、

帝塚山中・高、同志社香里中・高、

奈良学園登美ケ丘中、洛南高・附属中、

龍谷大学付属平安中・高

第1部・第2部両方参加校

大谷中・高、京都橘中・高


【国立・公立中高一貫校】

第1部参加校

奈良工業高等専門学校、南陽高等学校附属中

第2部参加校

京都教育大学附属桃山中、洛北高等学校附属中

講師からのメッセージ 4月号

当塾の塾報には毎月講師からのメッセージを載せています。

 

今月のQuestion

【部活との上手な両立の仕方アドバイス】

 

当塾講師陣のうち、2名に回答してもらいました。

 

<Answer>
勉強と部活動を両立させるためには、勉強時間の確保と勉強の質の向上が重要です。
勉強時間を確保するためには勉強計画を立て実行することが大切です。
個別英数学院オリジナルのマイプランノート』や『スタディプラス』を活用することで、勉強時間を可視化してPDCAサイクルを上手く回すことができるようになるので、部活と両立しやすくなります。
また隙間時間などでも効率よく勉強できる『モノグサ』で英単語をコツコツ覚える習慣をつけるのがオススメです。
私たち講師がしっかりとアドバイスするので、学習計画の立て方や勉強の仕方など、分からないことは何でも相談してくださいね。
井本 千智 奈良女子大学 文学部
       
<Answer>         
文武両道を実行することは難しいように思えますが、時間管理力と計画力を付ければ実現できることだと思います。
まずは部活以外の時間を見直すことです。
ゲームやテレビ、スマートフォンを使っている時間を減らす努力から始めてみましょう。
例えば、1日30分間でもゲームをする時間を減らせば、1ヶ月で約15時間も勉強時間を確保することができます。
また個別英数学院で予習をしっかりして学校の授業時間を復習に充てることです。
当塾のWeb授業は速習できるので短い時間でも集中して勉強できます
学校の授業中にしっかりと学ぶことができれば、復習に使う時間も短くなり部活とも両立しやすくなります。
江尻 悠輔 同志社大学 理工学部